top of page

シミ取りのシーズン到来

シミ取りをするにはどのシーズンが一番オススメですか?という質問を受けることがあります。基本一年中いつでも大丈夫なのですが、一番好ましいと思われるのは実はこれから冬にかけての季節です。


一つ目のキーワードは早期治療。カリフォルニアに住んでいると、どんなに気を付けていても夏季には強い紫外線に曝されます。外出時には日焼け止めを欠かしませんという人も、夏場に知らぬ間に浴びる紫外線の影響が貯まり、秋口になり、以前は無かったはずのシミを見つけ愕然とするなんてことも少なくありません。夏季にできてしまったシミを早めに手当てして後に残さない。謂わば、慢性的で頑固な生活習慣病になるのを予防する早期治療です。

次のキーワードは再発予防。IPLやレーザーの治療をするとシミは取れますが、実はアフターケアがとても大切。IPLやレーザーの強力なエネルギーによりメラニン色素は破壊され、色素を作るメラニン細胞は瀕死の重傷を負いますが、その後に紫外線を浴びてしまうと弱ったメラニン細胞が生き返り、また元気を取りもどして頑張ってシミを作るようになります。特に治療後の数週間がとても敏感で、この時期は徹底的に紫外線を避けなければなりません。とにかく施術後にできるだけ紫外線を遮りシミの再発を予防する。日差しが弱まるこれからの時期はシミ取りに最適というわけです。


もう一つのキーワードはダウンタイム。シミ取り治療後には最終的にそれが落ち着くまでにダウンタイムの期間があります。照射後数日もするとシミの部分に黒いカサブタができて、それが自然に落ちるのに一週間から10日ほどかかります。その程度によってはコンシーラーでも上手く消すことが難しいかもしれません。特に人前にでるお仕事をされている方はこのダウンタイムが気になりますが、今は野外ばかりでなく職場内でもマスクでお顔を隠しても違和感のない状況。長年気になっていたシミに人目につかずに別れを告げる良い機会かもしれません。



この機会に思い切ってシミ取りでもされてみてはいかがですか。長年の胸のつかえが一つ消え、きっと気分も少し晴れますよ。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page