top of page

医療脱毛について:レーザー脱毛と光脱毛、どちらがいいの?

永久脱毛として昔から行なわれてきたのは針脱毛という方法です。これは小さな毛穴に特殊な針を通して電気を流し、毛根にダメージを与えます。当然のことながらかなり痛いし、また毛穴一つ一つを処置していく訳ですから、かなりの時間と期間が必要です。針脱毛のメリットは、色素沈着のある部位でも比較的安全なこと、そして産毛にも有効なことです。


針脱毛のこうした短所を克服するために開発されたのが、レーザー脱毛や光脱毛という、いわゆる医療脱毛なのです。レーザー脱毛も光脱毛も原理はほぼ同じで、皮膚を通じてメラニン色素にのみ反応する特別な波長の光を照射し、毛根にダメージを与えます。針脱毛と違って、毛穴の一つ一つを処置していく必要がないので、短時間で治療することができます。気になる痛みの方も、針脱毛よりもかなり楽です。皮膚をゴムでぱちんとはじくような感じとよく表現されます。痛みは施術を繰り返すと、次第に軽くなってきます。照射に伴う熱を周囲に発散する濃い毛根が減ってくるからです。針脱毛のようにいつまでも痛いということがありません。


それではレーザー脱毛と光脱毛との違いは何でしょう。まず、レーザー脱毛の方が一照射当りのエネルギー出力が大きいので、一般にトータルの治療回数が少なくて済みます。レーザー脱毛ではレーザーが直線方向にのみ進みますので、一度の照射で狭い範囲しか治療できません。一方、光脱毛では照射した光が拡散するので、一度に広い範囲を治療できます。従って施術時間が短く済みます。背中や足などの治療に向いています。


医療脱毛で気を付けなければならないのは、色素沈着の強い部位の治療です。毛根ばかりでなく、その周囲にあるメラニン色素にも照射することになるので、火傷のリスクが無いわけではありません。また、レーザーや光による脱毛は黒いメラニン色素の存在が決め手です。従って、産毛や白髪のような色の薄い毛にあまり効果がないとされています。但し、通常の光以外にもRFと呼ばれる特殊なエネルギーを加えたフォトフェイシャルRFという方法であれば、色素の少ない毛であっても有効とされています。


それぞれの方法の長所と短所を見極めた上で、効率的に治療を受けたいものです。まず光脱毛を受けてみて、それが効かなかったものだけ針脱毛するなどの選択もできます。よくわからない場合には、コンサルテーションを受けてアドバイスをもらうのがいいですね。



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page